低身長が私の最大コンプレックス…子供の身長を伸ばす方法を必死に検索!

低身長であることが私の最大コンプレックスです。
150センチのこども服が着られます。生活に支障があります。

こどもの身長が伸びなかったら私は我が子にお父さんは身長高いのに、お母さんが小っちゃいせいだ。
と、心底恨まれるでしょう。

息子が産まれ、必死に身長を伸ばす方法を検索しました。
赤ちゃんのうちにできることは見つかりませんでした。

現在息子は5歳になり、身長を伸ばす方法を試せる時がきました。
こどもの身長を伸ばすためには、まずこども本人の意気込みが必要だと思います

嫌々行うことは何事も継続しにくいでしょう。
私が低身長で苦労している話を沢山聞かせました。高所に手が届かず、困っている姿を見せました。

その甲斐がありうちの子は、お父さんより身長が高くなりたい!と意気込み充分です。
身長を伸ばして私のお手伝いをしてくれるそうです、頼もしいです。

本人に仕組みを説明!高身長を目指して行動!

次にこども本人に身長が伸びる仕組みを説明しました。
何も知らされず、ただ指示通りに与えられた仕事をするのは苦痛でしょう。

ストレスをためると成長ホルモンの分泌が阻害されるそうです。
仕組みを教えてこども本人に納得してもらいます。

心と頭の準備を整えました。
いよいよ高身長を目指して行動を起こします。

身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌促進が欠かせませんね。
まずは寝る子は育つ作戦、質の良い睡眠を促します。

起床したらカーテンを開け日光を浴びさせる、日中はしっかり動く、夜は湯船につからせ早めに就寝、ですね。
運動も欠かせません。

うちの子はサッカー・体育・水泳・クラシックバレエを習っています。
自宅では縄跳びやストレッチをしています。

それも身長を伸ばすのに効果的だというストレッチです。
朝には猫のような伸びをし、日中は姿勢を整え、夜はまた別の伸びをします。

私が何も言わなくても、こども本人が毎日欠かさず行う日課です。

忘れちゃいけない、材料供給!

そして忘れちゃいけない、材料供給です。
これは私が大いに貢献できます。

身長を伸ばすと言えば骨、カルシウムですね。
カルシウムを補給しても骨が丈夫になって骨太になるだけで、身長が伸びるわけではないそうです。

でも土台が丈夫じゃないと成長もできませんよね。
マグネシウムとビタミンD、亜鉛も必要だそうです。

成長するためにはタンパク質も欠かせませんね。
アルギニンが良いという情報もあります。

アミノ酸の一種ですね。
各種アミノ酸が集まってタンパク質ができています。

タンパク質をとればアルギニンも含まれているかと思います。
身長を伸ばすために推奨されている量を調べました。

吸収されない分も考慮します。
もちろん健康を損ねてはいけません。

その他のビタミン・ミネラル、各種栄養バランスを考慮しました。
その結果できたメニューは身長を伸ばすことに関わらずバランスの良い健康的なメニューでした。

まとめ

こどもの身長を伸ばすためにしていること、まとめです。
質の良い早寝・早起き、適度な運動、バランスの良い食事です。

つまり身長を伸ばすことを意識せずとも、健康的な生活をおくれば良いということが私の結論です。
強いて特別に行っているのは身長を伸ばすのに効果的だというストレッチでしょうか。

私が低身長なのは不健康な生活をしていたせいだ、と深く反省致しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする