子供の身長がスクスクと伸びるために“セノビック”の力を借りてます

子供の成長と身長の関係で忘れていけないもので、子供の身長がスクスクと伸びるために必要な存在で欠かせない“カルシウム”は、動物性および植物性の代表的なミネラルのひとつで、人体の中で最も多い骨や歯などの構成要素です。
私の11歳の子供(小学5年生になる男子)に飲ませていますが、現在バレーボールチームに所属していてブロックに飛んだ時やブロックを打つときに他の子より背丈が低かった(139)ので悩んでいた所、コーチの勧めがキッカケで、ロート製薬のカルシウム系サプリメントの“セノビック”を飲ませるようになり今も継続して飲ませています。

初めは半信半疑で飲ませていましたが、半年後に身長を計ったら12cmほど伸びていて驚き、信じて飲ませ続けてよかったと今思っています。
セノビックに即効性を求めて2・3ヶ月で身長が伸びると期待すると裏切られるかもしれませんが、6ヶ月以上は継続して飲ませ続けることで結果が付いてくるようです。

子供の成長期に不足しがちなカルシウム…

子供の成長期に不足しがちなカルシウム摂取で悩んでいる親御さん達はとても多く、特に「子供達の好き嫌いの傾向」や「好きなものしか食べず少食な問題」は、多くの方々がつまずく課題でもあります。
カルシウムと成長の関係でカルシウムの働きとは、カルシウムはミネラルの一種で、人の骨や歯の成分になり、神経細胞で情報の伝達をして、筋肉の収縮に関係していて、私たちの体の形成に欠かせない大切な役割を担い、私たちの体内に存在するミネラルの中で最も多く、体重の1~2%の重さを占め、体内に存在するカルシウムの98%が骨に、残りの2%が歯や血液、細胞に含まれています。

子供が成長すると言うことは、骨が成長するということで、子供の骨にある骨端(別名を成長線と呼ばれる軟骨)が成長することで、大きくなっていくのですが、残念なことに大人になるとこの骨端は固い骨に変わってしまい、完全な固い骨になった後は基本的に成長することは無くなるのです。
骨の成長のために特に重要な栄養素としては、カルシウムの他にマグネシウムとビタミンD、・たんぱく質があげられますが、これらの栄養素のなかで大幅に不足しているのがカルシウムなのです。

普段から牛乳を飲まない、野菜を食べない、小魚を食べないなど栄養バランスが偏っている子供の場合、さらにカルシウムが不足している可能性があり、睡眠中は他にも色々なホルモンが分泌され、身長を伸ばすだけでなく、脳の発達、情緒の安定など、子供の心身の成長に非常に重要な役割を果たすことが知られているのです。

セノビックのオススメはココア味

5種類のフレーバーがあるセノビックのオススメは、一番人気の定番のココア味で、牛乳との相性や、使い勝手の良さとココア味だけに含まれている「オリゴミル」という成分が牛乳から作られたアミノ酸の一種で、身体が栄養を吸収する効率を促進する働きがあるのです。

私の子も“セノビック”の力を借りて、将来はオリンピックへと夢は大きく、身体も大きく成長しています。

つまり、成長期は限られていますので、1日1日を大切に過ごしていく必要がある訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする