クラスの中でも高いほう!子供の身長はいまだに伸び続けています!

現在私の子供は8歳、女の子です。
現在は体格が良いといわれ、同じクラスの中でも身長が高いほうだと思います。

しかしながら、幼いころに身長が高い、体格が良いといわれている子供って、比較的高学年になって身長が伸びなくなり、高校生、社会人になった時には身長がほかの子に比べて低いということが少なくないのです。
そのため私は自分の子供にまだまだ身長を伸ばしてあげたいので、あることを実施しています。

正座はなるべくしない

正座をすると膝によくないといいます。
膝というのは軟骨があるので、そこで成長を止めてしまうと身長が伸びなくなってしまいます。

そのため自宅では正座を禁止しています。
自宅でする体勢といえばソファーに足を投げ出して座る、または横になってテレビを見るということを実施しています。

学校やみんなの集まりなどの時の正座は仕方がないと思って正座もしますが、それ以外は正座をしないように気を付けさせています。
その結果、今のところ順調に身長は伸び続けているので、安心しています。

縄跳びやジャンプをしない

縄跳びやジャンプという運動も膝に負担をかけますよね。
その運動を続けると身長が伸びなくなるといいます。

そのため遊ぶ時にはなるべく縄跳びやジャンプをしないように、子供に声かけをしています。
やはり身長を伸ばすには膝の負担を避けることが一番。

そのため縄跳びや不要なジャンプは禁物です。

乳製品は重要

身長を伸ばすにはやはり乳製品の摂取が大切です。
そのために牛乳、ヨーグルトなどを積極的に摂取しています。

さらに子供のおやつとしておすすめなのが、小魚などのカルシウム。
さらにカルシウムの吸収をよくするために必要なのが、ビタミンです。

ビタミンは血液の循環もよくなりますし、体には必要不可欠なもの。
乳製品とビタミンをセットで摂取することによって体に、そして身長に良い影響を与えることができるでしょう。

そのため私は子供にはビタミンをたくさん含むフルーツ。
そして牛乳などをセットでおやつにするようにしています。

子供が飽きてしまうこともあるので、その際はグラタンやシチューなどにして乳製品をプラス。
またビタミンは熱に弱く調理の際にはなるべく過熱をしないように気を付けています。

それで少しは効果があるのかな?
子供の身長はいまだに伸び続けています。

上記の方法でどのくらい伸び続けるかわかりませんが、もう少し伸びるようにしっかり子供には上記のことを気を付けるように注意しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする