美味しい食事が子供の成長につながる!?

現在3歳の女の子供がいます。

子供は生まれた時こそ身長も体重も平均的だったものの、生後1か月間の間に上の子供の体調不良や私自身の体調不良もあって十分に授乳ができなかったことから、体重は当然のことながら身長も伸びずにいました。

生後2か月でも同様の状態だったことから、看護師から将来子どもが発育不良になったらどうするのかと厳しく叱られたこともありました。

そのようなことから育児に自信をなくしてしまい、私自身が精神疾患にかかってしまったためについ最近までは家族に満足に食事を提供できないような状況に陥っていました。

そのため3歳の子供はいつでも同じ年代の子供よりも身長が一回り小さい状態でした。2歳9か月で私立の幼稚園に入園しましたが、そこでも最も身長が小さくて3月生まれなのかと周囲の人に何度も聞かれてしまいました。

しかしながら子供は幼稚園に通い出すと小さかった身長が急に伸びていき、半年後には他の子供とそれほど変わらない身長になっていました。

幼稚園に入ってから急激に伸びたことから、今までより活動量が多くなることが身長を伸ばすのによかったのではないかと思ったのですが、幼稚園では給食を毎日残さず食べていたことから身長が急に伸びたのではと思うようになりました。

急に身長が伸びたわけ

実は子供は家にいる時は好き嫌いが多く、私が作った食事をほとんど食べませんでした。

私が精神疾患で満足においしい食事を作れなかったのが悪かったのだと思いますが、子供が今後平均値以内に入れるくらいの身長になるためにはやはり今後子供がおいしく食べられるような食事を作らないといけないと思い、体調が比較的よくなったこの春ごろから食事作りに熱心になっています。

食事については幼稚園の給食で出ている献立を参考にしながら、それまで大人に合わせて和食がメインだったのを週に半分はカレーやコロッケやハンバーグなどの子供が喜びそうなメニューにするようにしました。

また子供は隣に住んでいる義母が時々おすそ分けしてくれる食事をいつも喜んで食べていることから、義母の作る料理を参考にして子供が好きそうな味付けはどのようなものなのかを考えて作るようにしていました。さらに子供は食事を普通にお皿に盛るよりもお弁当箱に入れた方がよく食べるということに気づき、毎日お弁当におかずとご飯を詰めて夕食に出していました。

まずは食事を見直すこと!

その結果自宅でも食事をきちんと食べてくれる日が多くなり、自然と身長も伸びてきました。

食事作りに本腰を入れるようになって半年経過しましたが、現在子供の身長は予想外に伸びて幼稚園のクラスでは真ん中よりも少し小さいくらいまでになることができました。

今後も食事には気を付けて子供の身長の伸びがよくなるようにしていきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする