無理強いをせず子供も私も楽しい事で身長を伸ばすサポートを!

私は149cmで、主人が167cmの小柄な家族なので、もうすぐ二歳になる息子には平均以上の身長になってほしいと願い、離乳食を始めたころからいろいろと続けています。
まずは食事です。

子供の食事は手軽なご飯やパンなどの炭水化物メインになりがちですが、必ず食事にお肉や魚、卵などのタンパク質と牛乳、チーズ、ヨーグルトなどでカルシウムを摂取できるようにしています。

子供の身長を伸ばすコツは背中をたくさん使う事

そして運動です。
私が産後、体調を整えるためにパーソナルトレーナーに運動や食事面を見てもらっていた時、子供の身長を伸ばすコツは背中をたくさん使う事と言われました。

バスケットボールやバレーボールをすると身長が伸びると言われているのは手を伸ばしてジャンプしたり少しかがんだりといった伸縮運動を行っているから身長が伸びるのだそうです。
もちろん、幼児がバスケやバレーなどは出来ませんので、今は毎日公園に連れていって思いっきり遊ばせています。

はしごや階段を登ったり下りたりするのは危険だから止めるのではなく、落ちないように手をとって一緒に登ったり、子供の身体の近くに手をおいて、落ちてもサポート出来るようにしたり、子供が身体を動かしたい気持ちを止めないようにしています。
また、時間のあるときはトランポリンが出来る施設に行って手を繋いで一緒に飛んでみるのもおすすめです。

ジャンプすることで伸縮運動になり身長を伸ばす手助けになるとの事ですが、何より子供が楽しんでる姿が見れるのが嬉しいです。

効果があると信じて、簡単なマッサージ

そして簡単なマッサージです。
子供にマッサージ?と思われるかもしれませんし、これで身長が伸びると証明されているわけではないのですが、あるバレリーナさんが足を軽く引っ張ってもらうのを毎日15分続けたら身長が伸びたという話や、家族全員小柄な友人の家族の中で長女だけが160あり、なぜかと思ったらご両親が長女が産まれた時から身長が伸びてほしいと思い軽く足をひっぱっていたということを聞いた事もあるので効果があると信じています。

マッサージといっても子供を寝かせて手遊び歌を歌いながら息子の足を軽くひっぱり左右にゆらすだけです。
おすすめの手遊び歌は「きゅうりが出来た」です。

この歌は「きゅうりができた」と歌いながら足を左右に揺らして、途中で塩をふったり包丁でとんとん切る真似をするのがおかしくて息子は大笑いしながら楽しんでいます。
親子のスキンシップにもなり身長を伸ばす事を意識しなくても毎日出来る簡単なアクティヴィティーでおすすめです。

最後に…

最後に、いろいろと試していますが、一番大切なのは無理強いをせず、お互い子供も私も楽しい事、そして、忘れがちですが、睡眠もしっかりとって成長ホルモンがたくさん出る用にすることだと思います。
昔から言われている「よく遊び、よく眠る」を心掛け、身長を伸ばすサポートをしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする